大利根カントリークラブ

大利根カントリークラブ 圏央道で便利に!

こんにちはガチンコ!!です。
先日、ゴルフ場さんのお招きで大利根カントリークラブへ行きました。
ちょうど1年ぶりになります。
今回も恒例になっている所属プロとハーフをご一緒します。
今年は28歳の西田プロと前半西アウトを廻ります。

 

1番361Yミドル、ティーショットはいきなりナイス!西田プロから270Y飛んでます!と言われる
(西田プロは10Y先)、残り90Yを58度でパーオンし無難にパー発進
2番ミドルもドライバーがナイスで260Y地点、無難にパー。
3番ミドルもまたまたドライバーがナイスで270Y地点、こんなにビッグドライブが続くことはありません。
こちらもパーオンで無難にパー
この時、西田プロから『ドライバー飛びますね』とお褒めの言葉を頂く。
久しぶりにドライバーが絶好調です。

 

しかし、続く4番120Yショート。Pだと大きいのでフェードのイメージで打つと
ピンに真っ直ぐ向かうも上げていたようで手前バンカー。アプをミスして手痛いダボ
続く5番は短いロングで2打目は残り220Y、5Wで狙うも右手前バンカー、
砂がやわらかいのでホームランを警戒するとショート、やっと乗っただけ。
そこから5メートルを手痛い3パットでボギー
続く132Yショートは上げているので9番で完璧!と思いきや突風が吹き手前のカラー。
ここからまたしても3パットでボギー

6番右ドックのミドル。230Y地点にバンカーがありその手前に置くのがセオリー。
ティーショットは3Wでナイスショット!バンカー手前に狙い通り!。
しかし、2打目を引っ掛けてグリーン左サイド。砲台グリーンでアプは難しい。
ロブで上手く乗せるも下り傾斜で5メートル地点。パットは上って下るライン。
ファーストパットを打ちすぎ3メートルオーバーで3パットのダボにしてしまいました。

 

8番長めのミドルはこの日初めてティーショットを右にふかしチョン出しボギー。
4番のショートのダボからすっかり流れが悪くなってしまいました。
最終9番は短いロング、ティーショットはチーピンで距離が出ず、2打目もダフって距離が出ません。
3打目は残り165Y。上げていたので6番で打つと完璧でピンハイ1メートルへ。
やさしくないフックラインでしたが見事に沈めて初バーディで締めました。

トータル42回、プロはさすがの3アンダーです。

昼食は名物のうなぎを食べようかと思いましたがおなかがすいたのでヒレカツ定食
こちらもなかなか美味しいです。大利根は何を食べてもGOOD!いけます。

後半はプロに代わり以前もご一緒したゴルフ場のKさんとまわります。
10番ミドルもティーショットがナイスで残り80Y。58度で無難にパー発進。
11番ロングもティーショットがナイスで無難にパー。
しかし続く3番ショートをボギー、4番ロングはティーショットを始めて引っ掛けて左の林。
2打目以降もショットが悪くトリとしてしましました。

その後はパーとボギーを繰り返し44回で終了です。
この日はティーショットがすこぶる良かったのですが、ショートゲームがダメでした。

 

大利根は距離の短いホールでも砲台グリーンが多く、
ある程度ピンポイントに打てないとピンに寄りません。
アプローチやロングパットも距離感が難しい。やさしそうに見えて難しい奥深いコースです。
メンテナンスはいつ来ても素晴らしい仕上がりでディボットはありません、いつも満足できます。

また、いつもは下道で約1時間30分、帰りは2時間近く掛かりますが、
今回は新しく開通した圏央道を利用してみました。
圏央道は通勤時間帯でもガラガラで花輪インターから三郷ジャンクションまで20分で通過
結果いつもの下道で行くよりも25分ほど時間が短縮出来ました。

少し遠回りになりますが、この時間の短縮は大きいですね。

いままで遠く感じた常磐道のゴルフ場が確実に近くなりました。

 

関連記事一覧