アスレチック・ガーデンゴルフ倶楽部

アスレチック・ガーデンゴルフ倶楽部 猛暑日には最高です!

こんにちはガチンコ!!です。
先日、業界の仲間と茨城県のアスレチック・ガーデンゴルフ倶楽部に行きました。
約5年ぶりになります。

以前は東関道大栄インターで下り40分ほど掛かりましたが、
圏央道の開通で稲敷東インター下車5分で到着します。
大栄ジャンクションから稲敷東までは10分強なのでとても便利になりました。

アスレチックガーデンGCは2000年の開場、当初は建築不動産業の四谷建工が母体となり
オープンするも、その後経営破綻になり、株式会社ヨコタの横田氏が債権を肩代わりして現在に至っています。

  

設計は“水の魔術師”の異名を持つ小林光昭
メンバー数は正会員715名と少なく予約も取りやすい優良コースです。
クラブハウスは洋風でモダンな造り、年数が経っても深みが出るとても良い雰囲気です。

  

広々としたロッカーでじっくりストレッチをしてクラブハウス正面にある練習場で
じっくりとショットの練習をしました。
クラブハウスを出て右がOUTコース、左がINコース、正面が練習場というとても珍しい造りです。

  

この日は2人乗り乗用カートを2台利用しました。
プレーヤーの乗用カートとは別にキャディさんは4つのキャディバッグを積んだ専用のカートに乗ります。
2人乗り乗用カートで自分のボール地点まで行くとキャディさんがやって来てクラブを渡してくれます
合計3台のカートがフェアウェイに乗り入れ出来るので殆どカートに乗ったままプレーが出来るのです。
殆ど歩かずカートに乗りっぱなしなので猛暑日には最高です!

  

皆さんお上手なので気合を入れてプレーしたものの前半は41回、
後半は一箇所のミドルでやらかしていまい44回で終了です。

以前プレーした時はフロンティで物足りなさを感じましたが今回はフルバックでプレー。
距離も6902ヤードでコースレートは72,7になります。

  

レイアウトは殆どフラットなワングリーンのアメリカンスタイル
小林光昭の設計らしく随所に池が配置され、景観の美しさとは裏腹に難易度もあり私好みのレイアウトです。

ティーグランドも5箇所から選べることができ女性から上級者まで楽しめるコースだと実感しました。
なんと言っても猛暑の日にはカートに乗りっぱなしで最高です!
皆さんも是非、体験してみて下さい!!