久能カントリー倶楽部

高級志向の運営

こんにちはガチンコ!です。

先日、当社契約の渡辺プロに誘われ千葉県の久能CCへ行きました。
自身初めてのプレーになります。

予定より早く到着したのでストレッチとショット練習をじっくり行い
渡辺プロの同級生Hさん、Yさんと遊びを入れてプレーとなります。
HさんYさんも元ゴルフ部なのでフルバックで廻ります。

10番はフェアウェイ右がルートですがティーショットを引っ掛け、
2打目は木に当たり4オン2パットのダボスタート。
3人とも上手なので力みがあります。

続く11番221Yショートからボギーが続き、結果パーが2つの44回で終了。
お遊びは若干負けています。

8時のトップスタートを2時間で廻ったので昼食は10時
あまりお腹が空いていませんでしたが、ハンバーグランチと
つまみのハムサラダとモツ煮込みを頂きましたが全て絶品です。
レストランの食事は全て美味しいという渡辺プロの話が頷けました。

後半は3番210Yのショートと5番ミドルをダボとして44回で終了。
しかし6番166Yショートをパーオンして4階建てのニアピンをゲットしました!

Hさんとは以前成田ゴルフ倶楽部でご一緒したことがあります。
また、色々お願い事をしたりと良く知った仲ですが、Yさんとは初めてのゴルフ。
よくしゃべる方ですが、とにかく面白い!!方で
久しぶりに腹を抱えて笑いまくりました。

後半も2時間そこそこで廻り楽しいゴルフはあっという間に終了です。

久能カントリー倶楽部は平成元年の開場。設計は加藤俊輔
一流企業を対象にした高級志向の法人専用ゴルフ場。
しばらく名義書換を停止して募集を続けていますので、
会員権市場での売買は基本ありません。

レイアウトは自然の地形を生かしたフラットな林間コース。
加藤俊輔の設計らしく各ホール特徴がありティーショットの落としどころが
絞られたレイアウト。コースレートは71.7

倶楽部の特色として掲げられている
『ゲストをおもてなしするのに安心してまかせることのできる社交場』
とあるように従業員のサービスは完璧です。

クラブハウスも高級感の中に落ち着きがあるモダンな造り
駐車場もほぼ屋根付きです。

バブル期の高級接待用ゴルフ場が潰れる中、
千葉県では高級志向の運営スタイルを継続している
数少ないゴルフ場だと思います。

ティーグランドにより難易度は大きく変わり上級者から接待需要まで楽しめる
優良コースだと思います。

将来、名義変更が再開されるなら接待需要の法人には
強く薦められるコースだと認識しました。