藤ヶ谷カントリークラブ

総武のほうが面白いかな?

こんにちはガチンコ!!です。

先日、ゴルフ場さんのお招きで藤ヶ谷カントリークラブに行きました。
昨年のコンペ以来、約7ヶ月ぶりになります。

藤ヶ谷CCは昭和36年開場、株式会員制で母体は京成電鉄
千葉県名門コースの一角となります。

平日ですが朝早く家を出たので約30分で到着しました。
早速ストレッチをして練習場で身体を慣らします。

定刻になり、10番ロングから同業のYさんFさんSさんと廻ります。
ティーショットは狙い通り軽いドローでFW真ん中へ。
UTで刻み、残り70Yの3打目は完璧で1メートルへ!
なんなくカップインでバーディ発進です。

しかし、11番ミドルはティーショットをプッシュアウト、右の林でダボ
12番ロングはドラが完璧で無難にパー。

14番170Yショートもショットが完璧で1メートルへ、
しかしカップをかすめます。
その後もショットは悪くないものの入ったと思ったパットがカップを
かすめてばかりでストレスが溜まります。46回で終了。

高麗グリーンですが芽がきつく、たわしのような状態。

昼食は藤ヶ谷ご膳をチョイス。まぐろの刺身とホタテフライなど
とても美味しく頂きました。
また、ここの昼食はサラダバーになっています。

後半もパットが全て一筋違いからだんだんショットもおかしくなりなんと50回。
とても疲れました。

コースの特徴としてはとても広いホールと若干トリッキーなホール、
距離のあるホールと短いホールが点在します。
アップダウンもホールによってあります。
クラブハウスは落ち着きがあり、従業員の教育も行き届いていて名門の
趣が感じられます。

また、当初は反対意見も多々あったようですが数年前に乗用カートを導入。
現在はメンバーの皆さんに好評ということです。

立地としては都心に近い場所ですが、インターからもクラブバスを運行する
柏駅からも混む道なので道路事情がイマイチです。

また、メンテナンスはもうひと頑張りという感じでした。

総武CCと同じ富澤誠造の設計なので似ている感じもありますが
プレーをしていてなぜかワクワク感がない。
個人的にはいつも廻る総武CCのほうが面白いと思いました。