グレンオークスカントリークラブ

グレンオークスCC ダブルス・スクランブル杯

こんにちはガチンコ!!です。
先日、”ダブルス・スクランブル杯”に参加する為、グレンオークスカントリークラブ
行きました。こちらの競技は私が属するハウス委員会の主催競技になります。
今年も106名の参加をいただきました。

このダブルス競技はティーショットを2人で打ち、ベストボールを選び同じ箇所から2人で打つを繰り返します。
グリーン上も同じ位置から2人で打てるのでラインがしっかりわかります。
パーは当たり前、アンダーで廻るのを目標にします。
ただ、ティーショットの縛りがあり18ホール中一人最低7ホールのティーショットを採用しないといけません。

ティーショットの採用がどちらかに偏ると多少条件が悪くても
採用の少ない人のティーショットを選らぶ必要があります。
私は昨年同様Kさんとタッグを組みます。目指すはべスグロ。

定刻になりINコースからスタート。
10番は二人とも左ラフでしたが、10ヤード先のKさんのボールをチョイス。
2打目は二人ともショートでチップショット、1メートルについた私のボールを選び無難にパー発進
11番はKさんのナイスショットを選択しレイアップ、3打目は私のピン奥3メートルを採用して
バーディトライでしたがお互いに外します。
12番はパーオンも3パットのボギー。2人で3パットは致命的です。
その後はバーディチャンスになかなか付かずパーを重ねて1オーバーで終了

昼食では恒例のパターゲームのアトラクションを楽しみ4人で盛り上がります。
後半1番は私のティーショットを選択し3メートルにパーオン。
同伴のTさんチームも4メートルにパーオン。
Tさんのラインはやさしくありませんがナイスパットでバーディです。
続いて私のパットは傾斜に掛かり更に難しいラインでしたが見事に読みきりこちらもバーディ

前半は両チーム、バーディ無しでしたが1番で互いに初バーディと雰囲気が盛り上がります。
しかし、3番ではまたしても3パットのボギー
午後のほうがショットが噛み合いバーディチャンスが増えましたが惜しくも入りません。
結局私もKさんもパットがイマイチの一日でした。
結果後半はイーブン、トータル1オーバーで終了です。

表彰式まで時間があるのでお風呂にゆっくり入り表彰式の段取りを確認します。
そしてTさん司会のもと表彰式がはじまりました。

100名を越える参加者ですが帰宅されたのは6名、殆どが表彰式に参加しました。
この辺もグレンオークスのメンバーさんがとても仲が良く皆で会を盛り上げようという雰囲気があります。

9月にはハウス委員会主催の”3ツアーズ競技”が開催されます。
引続きメンバーの皆さんに喜んでいただけるよう委員一丸となって準備をしたいと思います。


関連記事一覧